ふるつき

記事と内容がないです

ざるそば(かわいい)

kosen14s読書会の記事です。

kosen14s.github.io

高専生が異世界に飛ばされてしまう本と一緒にざるそば(かわいい)も買いました。

明らかにイロモノです。

つまるところ、ざるそばかわいい。ざるそばをざるそばするざるそばが可愛いということばかりが伝わってきました。あとは私の理解力を超えた。まじで人類にははやすぎた麺類小説なので挿絵で補完してほしくなりましたが明らかに最高の一冊です。

精進します。

俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する

kosen14s読書会2ndは終了していますが、kosen14s読書会2ndの記事としておきます。

kosen14s.github.io

 「高専生」を描いた「異世界ファンタジー」ということでちょっと話題になったらしく、私のもとにも情報が流れてきました。現役&OB高専生推奨とか書かれていてもうこの時点でそんなに期待してはいませんでしたが、正月に本屋さんで見つけたので購入しました。心のなかでは高専生異世界本と呼んでます。

 多分この本の対象とする敵の一人であるところの高専生なので、読んだ感想というか思うところについて書いていこうと思います。

 とはいえ、私が抱いた結論は、文章が未熟なので商業書籍としては残念だなというもので、私が(他の読者に)主張したいのはこの物語で描かれているのが高専生の典型 ではないんだよ ということです。とはいえ、試みは面白いし、高専生からちゃんと小説家になっているのはとても立派なことだと思います。みんなに買おうとすすめることはできませんが、高専生なら読んでみれば、くらいには思っています。

 書き方とかストーリーの展開とかは、はっきりいって未熟だと思います。出版されてたら出直してくださいって思うけど、小説家になろうに投稿されていたら、「よく書けているし追っかけてみようかな」と思うレベルだと思います。それは会話の気取り方がそうなんかじゃないかなーとか、なんか地の文が目につくなーとかその程度の感覚的なことしか私にはわからないのですが、ちゃんと書けている人の文章に比べると見劣りしてしまい、それは読者が求めているレベルに届いていないのではないかと思います(ラノベなのでそんなもの、とは思いたくないです)。

 一方で高専生を、異世界を、よく描けているかといえば、それはよくわかりません。この物語の登場人物に私や私の知り合いの高専生はいなかったけれど、高専生はいろんな方向に尖っているので、たとえばロボコンとかそういう界隈にはこういう人々がいるのかもしれませんが、私の観測範囲の高専生ではないですね(これが、この物語で描かれているのが高専生の典型ではないという話で、高専生にもいろいろいてややこしいのです。高専高専生がその他大勢と少なからずずれているという認識は高専生に共通しているんじゃないかなと思っていますがそのくらいです)。

 高専生に比べると、異世界は、なんというか「典型に沿っているんだけど、原理をちゃんと考えている」感じがあってよいです。これなら「なんで転移してしまったのか」問題にも合理的な説明がつくんじゃないかと期待できそうです。そっちに思考を持っていかれすぎて、「人々の生活」とか、「彼らの生活」みたいなところに十分に焦点が当たっているかはちょっと疑問ですが(普通こういう思考になるか? みたいなところを物語の都合上理由をすっ飛ばしていると感じられる点があって、物語だからいいのかもしれないけど、しっかり考えてほしかったという「思ってたんと違う」感が拭えないのがいやという話です)。


 何が書きたいのか、書きたかったのかわからない感じになってしまいましたが、つまりそういうことです。私はこれの続きを買おうとも読みたいともそんなに思いませんが、とある高専生の非日常なサンプルケースとして読んでみたり、高専卒の作家がどんなお話を紡いでいるのかを見てみたりする分には面白いのではないかと思います。読むときはくれぐれも、「これが高専生のすべてではない 」ということを念頭において楽しんでもらえればと思います。

すべてがFになる(というか森博嗣がわからないという話)

この記事は kosen14s読書会8日目の記事です。

kosen14s.github.io

1週したので2週目です。


すべてがFになるといえば森博嗣のデビュー作です。最近、「デボラ、眠っているのか?」を読んで森博嗣をまた読み返しています(本棚に「笑わない数学者」がなくて焦ってる)。

森博嗣、面白いですよね? ちょっとひねくれた考え方とか、事実に対してまっすぐなところとか、頭が良いところとか、共感が持てるというか、憧れます。こんな言動の人物になれたなら、私の人生は二重丸と言えそうです。

森博嗣、わからないですよね? とっても親切に、動機もトリックも解説してくれるのですが、心理描写もしてくれたり、あからさまに匂わせてくれたりするのですが、なんとなく、「わかった気にさせられてる」気がしませんか? 作中の何気ないあの一言が、あの一文が、わたしには読み切れていないのではないかと不安になります。もちろん、森博嗣の作品に限らず、どんな文章でもそれはそうなんだろうと思います。ただのクッションなのかもしれない絵kレド、実はなにかを伝えている一言、一コマなのではないかと疑ってかかればキリがないでしょう。でも、森博嗣の作品って、「すべてわかるようにつくられている」ような気さえしてきませんか? 私はします。するので、せっかく道筋までつけてくれているので、じゃあ提供されたものは全部読み尽くしたい、わかり尽くしたいと思ってしまいます。いつか、森博嗣の作品はすべてわかるって言える日がくるんでしょうか。

うーんなんかやっつけみたいになってしまいましたが、とにかく、私が「森博嗣は面白いけれど、その作品について私はわかりきれていないのではないか」と思っていることが解っていただければ、そして、森博嗣を読んで、もしかして共感してもらえれば(あるいは、すべてわかったという方はそれでも。そのときにはお知らせください!)、嬉しいかな、と思います。

Sharif7CTFのWriteUp

Harekazeというチームで野間マチコ役で、Sharif7CTFに参加していました。

Harekazeは651点で122位でした。出場チームは700で、そのうち1点より多い点を入れているのが、380なので、半分より少し上といったところです。日本チームのうちでは6位でした。

私は651点のうち300点にあたる二問を解いたのでWriteUpします。

StrangePDF

%PDF-1.7
1 0 obj 
<<
  /Type /Catalog
  /Pages 2 0 R
>>
endobj

2 0 obj
<<
  /Type /Pages
  /MediaBox [ 0 0 500 800 ]
  /Count 1
  /Kids [ 3 0 R ]
>>
endobj

3 0 obj
<<
  /Type /Page
  /Parent 2 0 R
  /Resources <<
    /XObject  <<
        /A 6 0 R
    >>
  >>
  /Contents 5  0 R
>>
endobj

4 0 obj
<<
  /Type /Font
  /Subtype /Type1
  /BaseFont /Times-Roman
>>
endobj

5 0 obj 
<<
  /Length 359
>>
stream
 q
  10 0 0 10 250 400 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
  0.7 0.5 -0.5 0.7 0 0 cm
  /A Do
 Q
endstream
endobj

6 0 obj
  << /Type /XObject
     /Subtype /Form
     /FormType 1
     /BBox [ 0 0 1000 1000 ]
     /Matrix [ 1 0 0 1 0 0 ]
     /Resources <<
        /ProcSet [ /PDF ]
        /Font <<
          /F1 4 0 R
     >>
  >>
     /Length 68
  >>
stream
 BT
  /F1 4 Tf
  1 0 0 1 0 3 Tm
  (SharifCTF) Tj
 ET
endstream
endobj

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
% set width to 2
% moveto 100 650
% lineto 100 620
% ...
% ..

7 0 obj
<</Length 283>>
stream
2 w
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l 
120 620 m 140 620 l 
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
160 620 m 180 620 l 
180 615 m 180 595 l 
160 590 m 180 590 l 
S
endstream
endobj

8 0 obj
<</Length 318>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

9 0 obj
<</Length 234>>
stream
2 w 

140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

10 0 obj
<</Length 257>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

11 0 obj
<</Length 236>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
160 620 m 180 620 l 
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 

S
endstream
endobj

12 0 obj
<</Length 257>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

13 0 obj
<</Length 318>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

14 0 obj
<</Length 257>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

15 0 obj
<</Length 318>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

16 0 obj
<</Length 254>>
stream
2 w 

140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l
160 615 m 160 595 l 
S
endstream
endobj

17 0 obj
<</Length 194>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

18 0 obj
<</Length 215>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 620 m 180 620 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj


19 0 obj
<</Length 194>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj


20 0 obj
<</Length 237>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
160 645 m 160 625 l 
160 620 m 180 620 l  
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

21 0 obj
<</Length 236>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
160 620 m 180 620 l 
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
S
endstream
endobj

22 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 

140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

23 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

24 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

25 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 160 620 l 
160 615 m 160 585 l 
S
endstream
endobj

26 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
160 645 m 160 625 l 
160 620 m 180 620 l  
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

27 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 160 620 l 
160 615 m 160 585 l 
S
endstream
endobj

28 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

29 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
160 645 m 160 625 l 
160 620 m 180 620 l  
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj


30 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

31 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

32 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 160 620 l 
160 615 m 160 585 l

S
endstream
endobj

33 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

34 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
160 620 m 180 620 l 
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 

S
endstream
endobj

35 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 

140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l
160 615 m 160 595 l 
 
S
endstream
endobj

36 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

37 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l
120 645 m 120 625 l  
120 620 m 140 620 l 
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
160 620 m 180 620 l 
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj


38 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l

160 650 m 180 650 l 
180 645 m 180 625 l 
160 620 m 180 620 l 
160 615 m 160 595 l 
160 590 m 180 590 l 

S
endstream
endobj


39 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w  

120 650 m 140 650 l 
120 645 m 120 625 l 
120 620 m 140 620 l  
120 590 m 140 590 l 
140 615 m 140 595 l 

160 620 m 180 620 l 
180 645 m 180 625 l
160 645 m 160 625 l  
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj

40 0 obj
<</Length 61>>
stream
2 w 
100 650 m 100 620 l 
100 615 m 100 585 l 

120 650 m 140 650 l 
140 645 m 140 625 l 
120 620 m 140 620 l 
120 615 m 120 595 l 
120 590 m 140 590 l 

160 650 m 180 650 l 
160 645 m 160 625 l 
160 620 m 180 620 l  
160 590 m 180 590 l 
180 615 m 180 595 l 
S
endstream
endobj



xref
0 40
0000000000 65535 f
0000000010 00000 n
0000000079 00000 n
0000000173 00000 n
0000000301 00000 n
0000000380 00000 n
0000000450 00000 n
trailer
<<
  /Size 8
  /Root 1 0 R
>>
startxref
600
%%EOF

というようなPDFが渡されます。みると、ぐるぐるの「SharifCTF」という文字があるPDFなんですが、objの7 0から40 0までが使われていないようだったので、27行目あたりの参照を変更してやると、数字が描画されました。 ということで、objの7 0から40 0までを描画するように適当にスクリプトを描いて、出てきた数値をascii表に従って変換してやるとFLAGがでました。 {d1242d2d0969741dde7ed79c3c409c46}

スクリプトはこんな感じです。

import os

for i in range(7, 41):
    os.system("cp strange_pdf.pdf {}.pdf".format(i))
    os.system(r"sed -i '27 s/\[[0-9]*/[{}/g' {}.pdf".format(i, i))

Scrack

バイナリが渡されるのでgdbで解析しようとするとなんか Don't follow me ぽいことを言われるので objdump してやるとこんなフレーズが出てきて、

...snip...

  400acb:   31 c0                   xor    eax,eax
  400acd:   74 fa                   je     400ac9 <main+0x7c>
  400acf:   e8 0f b6 45 b0          call   ffffffffb085c0e3 <_end+0xffffffffb0259e0b>
  400ad4:   3c 38                   cmp    al,0x38
  400ad6:   0f 85 bc 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400adc:   0f b6 45 b1             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4f]
  400ae0:   3c 37                   cmp    al,0x37
  400ae2:   0f 85 b0 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400ae8:   0f b6 45 b2             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4e]
  400aec:   3c 34                   cmp    al,0x34
  400aee:   0f 85 a4 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400af4:   0f b6 45 b3             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4d]
  400af8:   3c 30                   cmp    al,0x30
  400afa:   0f 85 98 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b00:   0f b6 45 b4             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4c]
  400b04:   3c 33                   cmp    al,0x33
  400b06:   0f 85 8c 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b0c:   0f b6 45 b5             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4b]
  400b10:   3c 38                   cmp    al,0x38
  400b12:   0f 85 80 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b18:   0f b6 45 b6             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x4a]
  400b1c:   3c 65                   cmp    al,0x65
  400b1e:   0f 85 74 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b24:   0f b6 45 b7             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x49]
  400b28:   3c 34                   cmp    al,0x34
  400b2a:   0f 85 68 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b30:   0f b6 45 b8             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x48]
  400b34:   3c 62                   cmp    al,0x62
  400b36:   0f 85 5c 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b3c:   0f b6 45 b9             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x47]
  400b40:   3c 36                   cmp    al,0x36
  400b42:   0f 85 50 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b48:   0f b6 45 ba             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x46]
  400b4c:   3c 65                   cmp    al,0x65
  400b4e:   0f 85 44 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b54:   0f b6 45 bb             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x45]
  400b58:   3c 32                   cmp    al,0x32
  400b5a:   0f 85 38 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b60:   0f b6 45 bc             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x44]
  400b64:   3c 39                   cmp    al,0x39
  400b66:   0f 85 2c 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b6c:   0f b6 45 bd             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x43]
  400b70:   3c 62                   cmp    al,0x62
  400b72:   0f 85 20 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b78:   0f b6 45 be             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x42]
  400b7c:   3c 66                   cmp    al,0x66
  400b7e:   0f 85 14 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b84:   0f b6 45 bf             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x41]
  400b88:   3c 30                   cmp    al,0x30
  400b8a:   0f 85 08 03 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b90:   0f b6 45 c0             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x40]
  400b94:   3c 38                   cmp    al,0x38
  400b96:   0f 85 fc 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400b9c:   0f b6 45 c1             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3f]
  400ba0:   3c 39                   cmp    al,0x39
  400ba2:   0f 85 f0 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400ba8:   0f b6 45 c2             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3e]
  400bac:   3c 38                   cmp    al,0x38
  400bae:   0f 85 e4 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bb4:   0f b6 45 c3             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3d]
  400bb8:   3c 62                   cmp    al,0x62
  400bba:   0f 85 d8 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bc0:   0f b6 45 c4             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3c]
  400bc4:   3c 67                   cmp    al,0x67
  400bc6:   0f 85 cc 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bcc:   0f b6 45 c5             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3b]
  400bd0:   3c 34                   cmp    al,0x34
  400bd2:   0f 85 c0 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bd8:   0f b6 45 c6             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x3a]
  400bdc:   3c 66                   cmp    al,0x66
  400bde:   0f 85 b4 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400be4:   0f b6 45 c7             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x39]
  400be8:   3c 30                   cmp    al,0x30
  400bea:   0f 85 a8 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bf0:   0f b6 45 c8             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x38]
  400bf4:   3c 32                   cmp    al,0x32
  400bf6:   0f 85 9c 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400bfc:   0f b6 45 c9             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x37]
  400c00:   3c 32                   cmp    al,0x32
  400c02:   0f 85 90 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c08:   0f b6 45 ca             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x36]
  400c0c:   3c 35                   cmp    al,0x35
  400c0e:   0f 85 84 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c14:   0f b6 45 cb             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x35]
  400c18:   3c 39                   cmp    al,0x39
  400c1a:   0f 85 78 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c20:   0f b6 45 cc             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x34]
  400c24:   3c 33                   cmp    al,0x33
  400c26:   0f 85 6c 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c2c:   0f b6 45 cd             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x33]
  400c30:   3c 35                   cmp    al,0x35
  400c32:   0f 85 60 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c38:   0f b6 45 ce             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x32]
  400c3c:   3c 63                   cmp    al,0x63
  400c3e:   0f 85 54 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>
  400c44:   0f b6 45 cf             movzx  eax,BYTE PTR [rbp-0x31]
  400c48:   3c 30                   cmp    al,0x30
  400c4a:   0f 85 48 02 00 00       jne    400e98 <main+0x44b>

...snip...

cmpに指定されている文字を連結して文字列にしてやって、入力するとフラグが出ました。

SharifCTF{ed97d286f356dadb5cde0902006c7deb}

なんか簡単でよくわからないけど、SECCON Onlineの時よりはチームに貢献できたと思います。

Kosen14's読書感想文2nd「放課後スプリング・トレイン」

この記事は、

kosen14s.github.io

の1日目の記事です。

Kosen14's読書会

Kosen14'sという、「14年入学の高専生がわいわいやるコミュニティ」で、「なんか読もうよ」がまかり間違って、みんなで読書感想文を投稿するイベントになったものです。最初は輪読会みたいな感じになると思ってた。

前回の読書会が(仲間内では)好評だったので、今週はKosen14'sの面々が、AdventCalendar代わりに、また読書感想文を投稿します。

過去の読書会に関しては、 http://kosen14s.github.io/bookclub/ を参照してください。

今年の本の話とか

 今年もいろんな本がでました。私もいろんな本を読みました。今年出た本で面白かった/印象に残ったのは

家庭用事件 (創元推理文庫)

家庭用事件 (創元推理文庫)

 とかです。あとは、

なんかも流行れって思ってます。個人的に、今年発見したのは橋本紡とかですが。

 それはそれとして、今回ワタシが「読んだよ!」って言いたい本は、吉野泉の「放課後スプリング・トレイン」です。

 この記事では、「放課後スプリング・トレイン」を読んで思ったこと、感じたことをお伝えするとともに、これを布教したいです。

放課後スプリング・トレイン

 創元推理文庫です。日常の謎系です。いわゆる青春ミステリというやつです。私はこのジャンルがいたく気に入っています。

 吉野泉というひとのデビュー作で、ばんばん書いてほしいです。

 舞台は福岡の都会の方。主人公は女子高生で、日常の中からいろんな不思議を探し出してきます。この子は疑問を持つのがとっても上手で、放って置いたらすぐに見失ってしまいそうな、なぞとも呼べないようななぞをはしとつかんで考えるんですね。「あれ、これは変じゃないか」って思って、考える。

 そして、そのなぞを解いていくのが、Q大の院生の飛木さんという人です。寡黙な人だけど、よく考えて喋る。言葉が選び抜かれてるような印象を受けました。この人が、話をきいてそれからゆっくりと語るさまは、とっても安心できます。

 という話が、4つほど入っているのが、放課後スプリング・トレインです。どのお話も、やわらかくて、みずみずしくて、安心できるような感じです。伝わるだろうか。つたわれ。

うまい小説だなと思った

 なにが、「うまい」のか、うまく伝えられないんですけど、話の運び方がうまいと感じたのと、作中の登場人物の台詞がうまいんですね、たぶん。特に、みんな喋ることが、よくできてて、現実にそんなにうまくは行かないんだろうけど、憧れるなあみたいな会話をしてくれる。それがみずみずしさと、安定感とをうまくつくりあげてそうだなと思いました。

まちが思い浮かぶ

これは私が二度ほど福岡のまちを訪れて、大変な好意を抱いたとかそういうことも関係してるんだとは思いますが、はじめて、物語を読んで、刻銘に町並みや、学校が見えてきました。これは私には驚きの体験で、ちょっとはしゃぎました。だから、福岡の街を知ってるよって人には、ちょっとおすすめしたいです。

もっと読みたい

 もっと、いろんななぞを見つけて欲しい。いろんな答えにたどり着いて欲しい。いろんな思考を見せて欲しいって思いました。

おわり

 わたしはこの小説を読んで、あたまからおしりまで「おもしろい!」って思ったし、今年読んだ中で最高の小説だと思いました。だからいろんな人に読んでもらいたいし、この作者さんがもっと物語を書いてもらいたいし、私は「おもしろい」っておもって、それを伝えたいと思いました。

感想なのか布教なのかファンレターなのかよくわからない感じになってしまいましたが、この記事はこれでおしまいです。来年はどんな面白い本に巡り会えるか、楽しみです。

東工大推薦入試への道は閉ざされた

 ちょっと悲しくなったので書く

東工大推薦入試とは

 天下の東工大へ倍率2倍くらいで臨める制度。これで入学したら何があるとか、どんなすごいひとが 入学してるとかはしらない。センター試験と推薦書だけで応募できてお手軽。

スーパーコンピューティングコンテストで3いに入賞した

 そんなに大した功績じゃないと思うんだけど、これを開いてるのが東工大なので、これで3位以上になると、東工大に推薦入試できそうな感じになる。他の人は頑張って学外で発表するとか、IOIに出るとかしないといけないのでこれはめちゃめちゃ楽コース。

センター出願

 センター試験は受けないといけないので出願した。ぎりぎりに出願したので学校の事務の人に迷惑かけました。

推薦申し込み

 9月頃から申込書は取り寄せられたけど知らずに11月ごろにやっと取り寄せて書いた。振込もして、あとはセンター試験の書類が届いたら貼って学校に投げるだけにしておいた。

推薦できないらしい

東工大を受けて退学する人間」は「学校長が責任を持って推薦できる」人間ではないらしい。それはそうか。そうなのか。う~ん、残念→断念。

まとめ

 弊高専に通ってる人は推薦入試を受けられません残念でした。まかりまちがって期待して、センター試験東工大に多額のお金を寄付しないようにしましょう。

追記

あとになってこのときは感情的すぎたと思ったので追記します。もし、弊学から、真剣に推薦入試を受けたいという人がいたならば、このポストをみて諦めたりせずに、とりあえずやりたいことを教員に伝えてください。どこにも親切だったりお人好しだったりする人はいて、きっと力になってくれます。

 

hsp初心者なのでゲーム作った

これは、

Hot Soup Processor Advent Calendar 2016 - Qiita

の4日目の記事です。思ってたのの9倍くらい登録してる人がいてびっくりしました。

hspを使ってゲームを作りました

 私は現代視覚文化研究会、「げんしけん」に所属していて(漫画のげんしけんとは似て非なる現視研です)。毎年の高専祭(弊高専の学祭)では、仲間たちと作った自作のゲームを展示しています(今年で三年目)。

 一年生のときはDXライブラリで頑張っていたのですが、去年は突貫で作らざるを得なくなってしまい(他の現視研の人が作るゲームを応援してたけどそれが頓挫した)、HSPを使ったところ短期間でそれなりのものが出来て、味をしめました。それで今年は「HSPで突貫で作るぞ」という予定をたてて、2週間くらいで作りました。

 それで出来たのがこんなゲームです。

 これを書いていて感じたこと、嵌ったポイントを書いて、お茶を濁そうと思います。hspはお手軽なのでちょっとゲーム作りたいとかツール作りたいとかいうときにおぼえておきたいこととかね。

HSPスクリプトエディタを使おう

このアドベントカレンダーではHSPスクリプトエディタでは不満足という方がVimHSPする記事を書いてくれていたり、Nodepad++でHSPする記事を書いてくれそうな気がしますが、お手軽さを求めてHSPを使うなら、HSPスクリプトエディタが多分最善の選択肢です。 なんの設定もしなくても結構使い物になります。軽いし。

F5で実行するのとF1でヘルプ見るのだけ憶えておけば行けそうということがわかりました。

F1ヘルプを使おう

これがHSPスクリプトエディタを使う理由みたいなものです。適当なキーワードにカーソルを合わせるとヘルプというかドキュメントが出ます。これが軽いしそこそこわかりやすいし便利なのでいろいろ検索しましょう。

#cmpopt varinit 1しよう

 というかしないと死にます。これは「未初期化の変数があると警告してくれる」機能をオンにするやつで、"use strict"みたいなものです。hspスクリプトエディタはソースコードの解析してくれないし、hspはいきなりtypoで変な変数作っても普段は(HSP的には)いい感じにしてくれちゃうのでバグに気が付きにくいので、必ずソースコードの戦闘で #cmpopt varinit 1 しておきましょう。

 ただしこれ、ソースコードを上から下にみるだけなので、gotoとかgosubをうまく解釈してくれないのが玉に瑕です。

ループの中でreturnしてはいけない

 HSPはちょっと阿呆なところがあって、repeatwhile のなかで return してしまうと、スタックがごにょごにょして挙動がほげります。しっかりbreakしましょう。

 これは師匠に言われないと絶対に分からなかったしはまりどころですね。

gosubしたらreturnで値を返せる

 これは常識かもしれませんが、しらなかったので。gosubで飛んだ先では return hoge として値を返すことができます。返した値は、整数は stat に、文字列ならば refstr に格納されます。


とりあえずこんなところですか。hspは初心に帰って書いてるとそれなりにイケてると感じられるので、来年も書こうかな~と思います。