ふるつき

私は素直に思ったことを書いてるけど、上から目線だって言われる

高専カンファレンス in 東京に参加しました

 まず僕のような田舎者は東京の大きな高専カンファレンスに参加する機会などないのですが、今回は最高の高専カンファレンスで交通費支援が出た*1ので参加してきました。参加した動機は交通費が出るのと藍月要先生が登壇されるとの情報があったのとです。

 以下には印象に残った発表やその他を書きます。


 どれもこれも濃い発表ばかりだったんですが、午前中はとちくじさんの Interpreting Deep Learning from a Biological Perspective が最高でした。要するに機械学習モデルと脳みその仕組みを相互に検証しようみたいな話*2です。ご本人がすごく楽しそうにお話されていたので印象に残っているのはもちろんのこと、どうやら僕は興味がありそうな分野でかつ、まるで自分では理解できない話が好きっぽいです。かなりアカデミックな(でも高専カンファレンス用に難しくなさを優先していたと思う)感じの発表だったのですが楽しく拝聴させていただきました。もっときいていたい、本気の発表がみたい発表でした。


 ↑は午前中最後の発表だったのでお昼になるんですが、お昼も提供されて神 :pray: でした。僕はサンドイッチを食べましたが結構ボリュームがありましたがぱくぱく食べました。  弊学からは交通費支援を利用した現役生が6, 7人来ていたのですがそのうちの5年生と固まって食べていたのは交流的な視点上よくなかったです(でも他にどうしようもないんです、そういう人間なので)。


お昼の時間を持て余しつつも午後になり、ここはお目当ての藍月要先生*3 の発表と 学校の先輩であり何度もお世話になっている yanoshi さんの発表が重なっていてどちらを見るか大変悩む選択を強いられました。他の方々もそうだと思います。運営残酷では??? 仕方ないですね。

 結局藍月要先生の発表を拝聴しました(決意は固かったので)。藍月先生の発表はとにかくヤバイという言葉でお伝えするのが一番という感じのぶちこわれ発表でしたが、ストーリーがあり藍月先生がどのように考えて世界を作っているのかという部分が垣間見れて一読者として歓喜以外の何もありませんでした。

 この藍月先生にこのあとの休憩で1巻にサインを頂き*4、さらに当日着ていた セキュリティキャンプのTシャツにサインを頂き、握手までしてもらいました。私のミーハーな部分が見られて面白かったです。アイドルやなんかにはまる人間の気持ちがわかりますね。これは最高の体験です。いや、藍月先生の著書を読んでいるときのほうが幸福度は高いが……。


他にもたくさん発表をきいたし面白かったんですが(在宅ワークではじめる生物学研究なんかも面白かったです)、とにかくこの二つの発表と体験が強く印象に残っていますのでこれらについて触れるに留めさせいただきます。


途中休憩を挟んだりしながら*5このように会は進んで懇親会です。この頃には結構消耗していて野菜類を食べたり壁の花になったりしていました。無花果がおいしかった。

2時間ほどある懇親会の殆どをひたすら立って過ごしていて、途中で以前お世話になった*6DMMの人事の方にお声掛けいただくなどのイベントはありましたが、概ね平穏でした。

これにてカンファレンスは閉会。お片付けなどがありましたが人々が積極性を持って動いているのですごかったです。


その後 2次会的な感じで、弊学のOBの方々に現役生7人程度で居酒屋に連れて行ってもらいさまざまな楽しいお語りをしました。私は成人しているが烏龍茶を頼むなどの社会性を発揮しつつ*7、ほとんど黙っていたのにHUGっと!プリキュアの話だけは嬉々としてする人間になってしまった。ところで今日のプリキュアも良かったですね。


などが本日の感想になります。都合の良い欲求としてはいろんな方とおしゃべりして友達になりたいとかあったんですが人間性などの観点からうまくいかず残念です。発表者になると良いのでしょうがそれもなんだか恐れ多いような気持ちになっています。LTくらいの発表をどこかでやりたいな。

日記でした。

*1:Google Form に新幹線の代金書いたら全額出た。スポンサー企業の方、カンパしてくださった大人の方々、運営の皆様ありがとうございます

*2:初心者がざっくりとまとめようとするとこうなる

*3:「俺達は異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する」という高専生が異世界に行って高専生するラノベを書かれており端的に表現して面白いラノベです

*4:当然2, 3巻も持ってきていましたが謎の遠慮をした

*5:パソコンも古くなってきてバッテリーがもたないので休憩時間に充電をしたりしていました。発表をきいているとき足元に電源がある感じだったので開けてもらえると嬉しかったです

*6:https://furutsuki.hatenablog.com/entry/2017/09/02/163049

*7:おビールより高いんですが面白い