ふるつき

私は素直に思ったことを書いてるけど、上から目線だって言われる

手書きLLパーサにおける左結合性を持つ演算子の左再帰をループで解決する

 まあ人間が弱いと、構文解析再帰を書き下すしかできないんですが、ナイーブな実装だと左再帰問題に出会います( A->A+B みたいなルールをコードに落とし込むと、 parseA の呼び出しで無限再帰になる)。右結合性の演算子のパースならぽいっとできるんですが、左結合の演算子だと苦戦しました。いろいろグーグルしてみるんだけど気持ちが上がらないとちゃんと読まないし、私が読めるコードが欲しい気持ちになったので書き残しておきます。n回ここに来るんだろうなぁ。

 ちなみに a + b + c(+ (+ a b) c) になるのが左結合性、 (+ a (+ b c)) になるのが右結合性です。

gist.github.com

なんということは無くて、ただのループです。こんなのは知ってるかどうかという気持ちになってきた。 ちなみに明らかに parseAddparseMul が同じ形をしているのでテンプレートとかmixinに落とし込みたいところですよね。 任意の左結合性二項演算子を parseする関数を返す高階関数とか。

これをOCamlで書けるようになりたい。